スイーツ大好き銀座OLです☆カフェ巡りに忙しいこの頃です。日々の小さな幸せを綴っています♪


by chibimari

バレエつながり ブラックスワン&ニジンスキー

映画館で観るラストチャンスだと思ってブラックスワンを観てきました
最近観た中で一番映画らしい映画でした♪

STORY⇒
ニューヨーク・シティ・バレエ団に所属するバレリーナ、ニナは、踊りは完ぺきで優等生のような女性。芸術監督のトーマスは、花形のベスを降板させ、新しい振り付けで新シーズンの「白鳥の湖」公演を行うことを決定する。そしてニナが次のプリマ・バレリーナに抜てきされるが、気品あふれる白鳥は心配ないものの、狡猾で官能的な黒鳥を演じることに不安があり……。
a0130534_1515531.jpg


バレエものって、バレエシューズに画びょうが入ってるのが定番のイメージ(?)
嫉妬でドロドロ系なんだろうな~なんて思って観たら意外や意外!

ドロドロを通り越して超サスペンス!!!
怖かった~(涙)

前半はストーリーに大きな進展がなく、途中でちょっぴり「飽き」がくるのですが015.gif
最後ニナが黒鳥に変身していく瞬間は、鬼気迫るものがあって背筋がゾっとした(>0<)

ゲイジュツって自分をここまで破壊しなくちゃいけないのね...
ラストは衝撃的でした。



*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:

最近バレエものをよく観てる気がします。
時間がたってしまいましたが、宝塚公演のニジンスキーも良かったです

伝説の天才バレエダンサー、ヴァーツラフ・ニジンスキー。
a0130534_20543073.jpg


STORY⇒
 1910年頃のパリ。街は新進バレエダンサー・ニジンスキーの登場に沸いていた。しかし成功の陰で、彼の心は満たされないでいた。かつては心のままに踊りに向き合っていた思いが、どこかに置き忘れられていくような気がしていたのだ。ニジンスキーの苦悩を察知しながらも、ディアギレフは売り込みに余念がなかった。それはディアギレフなりの歪んだ愛情であり、欲望の形でもあった。彼に抗いつつも、受け入れざるを得ないニジンスキーは神経をすり減らし、徐々に周囲との軋轢を生んでいく。そんな彼を支えたのが、踊り子ロモラだった。ニジンスキーはロモラとの愛を育んでいくが……。
a0130534_2054594.jpg



こちらも狂喜の世界。。。
踊ることしかできない、不器用な天才。
天才ってそういうものなのかもしれませんが…

自由を失い、踊る歓びを失っていき…
心が壊れていく様子が痛ましかった(;_:)

ブラックスワンのニナは架空の人物だけど、
ニジンスキーは実在の人物。そう思うと胸にズンとくるものがありました。

残念なことにニジンスキーの映像は残っていないのですが、
こんな踊りだったのかもしれないと思いをはせました。
[PR]
by twilight-newmoon | 2011-07-25 13:30 | 映画