スイーツ大好き銀座OLです☆カフェ巡りに忙しいこの頃です。日々の小さな幸せを綴っています♪


by chibimari

カテゴリ:German( 16 )

ドイツと言えばソーセージ。たしかにドイツのソーセージはおいしいと思う。
だけど日本人には毎日肉を食べつづけるのは正直シンドイ。。。

カフェ主になにか他におススメはないか聞いた所、
「Susuruのうどんが一番美味しい」とのこと。
えっベルリンでUDON!?Σ(゚口゚;.

半信半疑ではありましたが、Susuruへやって来ました
うどん屋とは思えないくらい、スタイリッシュなお店です!
a0130534_21472262.jpg


ベルリン最後の晩餐に、大好きな鴨南蛮をオーダー☆
わ~い071.gif ベルリンでも大好きな鴨が頂けるなんて感無量♡
しかも干しシイタケまで入ってるなんて嬉しすぎる~!おダシのきいたスープが胃にしみこむ♪
a0130534_2147486.jpg

うどんと言えばパリにも国虎屋があるけど、
海外でこういうちゃんとした和食屋さんって貴重だなぁと思います。
これからもベルリンに日本の味を広めていって頂きたいです♪


フライトの時間がせまってきました。
街の景色をこの目に焼き付けます。

古そうなアパルトマン。自転車で見学にきている人がいました。
もしかしたらその昔、著名な人の住まいだったのかも。
a0130534_2147037.jpg

ヨーロッパでは古いものも大切にされていますね。まさに温故知新。

これでベルリンタワーも見おさめ
a0130534_2148315.jpg

たったの2日間の滞在だったのに、なんか無性に寂しい(´_`。)
観光っていうより、まるで生活しているような感覚だったからかもしれない。

たくさんの思い出をありがとうBerlin☆
Ich liebe dich...   さようなら~(´∇`)ノ
 
[PR]
by twilight-newmoon | 2011-06-28 10:04 | German
ハッケシャー・ヘーフェをあとにして、地下鉄でヴィッテンベルク広場駅へ移動。
a0130534_23542321.jpg


1920年代に建設されたクラシカルな駅(*´∇`*) 
ここだけまるで時が止まっているかのよう
a0130534_235389.jpg


ポスターも当時のものがそのまま使われています。
THE オールドベルリンな気分に浸れたひと時でした♪
a0130534_23532695.jpg


この辺は都内で言うと、銀座のようなエリアみたいです。
KaDeWe(カーデーヴェー)という老舗デパートがあることで有名!
ほとんどの人がデパートに吸い込まれていきます。

デパートを尻目に、私が向かった先はこちら↓↓↓
カリーヴルストの名店Witty's
他はなにも調べて来なかったのに、こちらのお店だけは予習してきました(笑)
a0130534_23534133.jpg



ソーセージスタンドは星の数ほどありますが、
Witty'sの一味違う点は、徹底的にBIO100%にこだわっていること。
ケチャップからマヨまでオーガニック!
しかもレシピは1ツ星レストランのシェフと考案したそうです。
フライドポテトやハンバーグなどメニューが豊富で、どれもビールにピッタリ☆
a0130534_19283034.jpg


名物のカリーヴルスト bitte!!!
カレーヴルストは、焼いたソーセージにカレー粉とケチャップをかけたシンプルな料理です。
ドイツ人にはお馴染みの味で、ソーセージスタンドの定番メニューとなっています。
さて、どんな味なのかな。 ドキドキ♡
a0130534_2353575.jpg

ケチャップのトマト感が濃厚で、まるでトマトソースのよう! 
またカレー粉がスパイシーで、あとをひく感じです~
おいしゅうございました! 名物にも美味い物アリ☆です(*´∇`*)



お腹がいっぱいになった所で、やっぱり気になったのが
ヨーロッパでも最大規模のデパートと言われているKaDeWe!
ちょっと覗いてみたい気もするけど...フライトの時間が迫ってきている!!(>0<;
後ろ髪ひかれる思いでしたが、最後の目的地へワープ070.gif070.gif070.gif
[PR]
by twilight-newmoon | 2011-06-27 07:03 | German
ハッケシャー・ヘーフェへやって来ました070.gif
ヘーフェとはドイツ語で「中庭」という意味で、8つの中庭から成ります。
カフェやギャラリー、ショップなどが集まった、ショッピングビルのような建物です。

最初に現れた中庭の建物には、壁面にモザイクが施されていました。
色とりどりで美しい(*´∇`*)
a0130534_8434631.jpg


細い路地が入り組んでいて、まるで迷路みたい!
a0130534_8431039.jpg


壁アートがはやっているみたいです
一見ただの落書きにしか見えない気もしますが(^^;
a0130534_8432526.jpg


かわいらしいショップに一目ぼれ016.gif
自分へのお土産にいっぱい買いこみました♡ 女の子に生まれて良かった~(*´ω`*)
a0130534_8443962.jpg

でもドイツ製だと思ったら、後々よくタグを見るとなんとmade in Italy!!Σ(゚口゚;.
ちょっとショックだったけど、かわいかったのでまぁいっか~


アンペルマンショップ発見☆
a0130534_8442312.jpg


アンペルマンは東ドイツ時代の信号機のキャラクターです
東西統一後、一度は消滅の危機にさらされるも、東ドイツ市民によってアンペルマン救出運動勃発!!
市民の働きが功をそうじて、一部の信号機にこうして残っています↓
a0130534_22571942.jpg


今日ではアンペルマンは信号機を飛び出して、
マグカップやTシャツなどのグッズになっています
私はエコバックをお買い上げ♪ スーパーで買い物の際、すごく役立ちました。
a0130534_2314072.jpg


Berlin mini map
折りたたむとカード位のコンパクトサイズになって便利☆
売上金の一部が日本への寄付金になるそうです。
a0130534_230274.jpg


ありがとうアンペルマンくん これからもお元気で
a0130534_8447100.jpg

楽しすぎるベルリンの中庭でした♪
[PR]
by twilight-newmoon | 2011-06-24 10:21 | German
ベルリン2日目。
カフェで知り合った2人のおすすめスポットハンブルク駅現代美術館070.gif
ベルリン中央駅からほど近い所にありました。

その名の通り、かつてはベルリンとハンブルグをつなぐ駅でした。
1996年に美術館として再出発!クラシカルな建物だけど、現代アートの美術館です。
a0130534_10475431.jpg



これまで現代アートって敷居が高いイメージがありましたが、
ここの展示物は難しいことが分からなくても面白い!(^0^)
a0130534_1048117.jpg


お次は…まさかまさかの毛沢東氏!!!
ベルリンでお会いするとは思いもよらなかった(笑)
しかも普段よりポップな感じでない?なかなかイケてますよ037.gif
a0130534_10482852.jpg


元ターミナルだった場所も、こんな風に展示スペースとして活用されています。
天井も高くて広々~071.gif なんて贅沢な空間!
a0130534_10484574.jpg


今回のテーマは"円"? 丸いオブジェがいくつか展示されていました。
作品の良し悪しなんて私には分からないですが、その辺に腰かけて
ばんやり眺めているだけで、なんか良い感じ♪
a0130534_1049333.jpg

アートをマジマジと鑑賞するというより、空間そのものを楽しむ美術館なのかもしれません。
ブラブラ散策しているだけで楽しかったです

思いのほか館内は広く、歩きまわって少~しお疲れモードに(ーー;

足休めに、ミュージアム併設のカフェに入ってみました063.gif
室内席もありますが、オープンテラスがおすすめ☆ 
a0130534_10492666.jpg


目の前には運河が流れ、時々小船が行ったり来たり...
時間を忘れてまったり(*´∇`*)
ヨーロッパって時間の流れ方が違いますねぇ
a0130534_10494178.jpg


まだお腹はいっぱいだったので、ヘーゼルナッツのアイスクリームをオーダー☆
ナッツ感が驚くほどに濃厚! うまうまです
a0130534_10495955.jpg

チップを支払おうとしたら、チップ代は含まれてるから大丈夫(^^)とのこと。
こんなにステキなカフェなのに…チップ代込とは思えない位手ごろな価格で驚きました。
ベルリンカフェ、実はレベルが高いのかも!?


ゆったりとした時間を過ごすことができました(*´∇`*)
観光客は意外と知らない、ベルリンの穴場スポットです☆
[PR]
by twilight-newmoon | 2011-06-21 14:33 | German
ベルリン2日目の朝。 さて朝ごはんどうしよう?
共同キッチンで作ることもできますが、なんか億劫だな~
そんなわけでユースの近くにあるカフェに入ってみました。
昨日前を通りかかった時、なんとなく気になっていた店。

中に入ってみると、インテリアのセンスが良く雰囲気のあるカフェでした。
a0130534_19454972.jpg


だけど店員さんが見当たらない…
キッチンかな?と「モルゲ~ン」と声をかけにいったら、「おはようございま~す」と
日本語の挨拶が帰ってきた。
予想もしていなかったアジア人男性の登場に目がテン(・0・)
混乱してしまった私は思いっきり日本語で「あっ、あの1名なんですけどっ!」
「どーぞ!好きな席座ってー」 
パニくる私を見て、ニヤッとイタズラに笑っていました ( ̄∀ ̄)

カフェ全体が見渡せるソファ席に腰掛けました。
私の横にはたれ目ちゃんがちょこんと座ってます035.gif心がなごむわぁ
a0130534_19461919.jpg

カフェの主が注文をとりにきてくれました。
日本語があまりに上手すぎるので、日本人か聞いてみたら韓国の方だった。
でも明洞だってここまで日本語がうまい人そうはいない。
ただ者じゃない!!ナゾは深まるばかりなのでした。

大好きなカフェオレ063.gif 至福の時間♪
a0130534_19465629.jpg


本日の朝食はクレープ風のパンケーキ
連日食べ続けてるソーセージとチーズで胸ヤケ気味で、
こういう胃に優しげな朝ごはんが恋しかった~071.gif
メープルシロップをたっぷりかけて、イタダキマ~ス☆
a0130534_19471669.jpg

うろ覚えですが、3ユーロもしなかった気がします。ベルリンは物価が安いのかな?

本棚も無造作な感じだけど、なんだか絵になるな~
けっこう日本語の本も置いてあって、
ちゃっかり「地球の歩き方」を一日貸してもらいました。
a0130534_19475620.jpg

その後、この辺に住んでる日本人の常連さんがやってきました。
「この人ね、ベルリンに何年も住んでるから色々聞くといいよ!」というカフェ主のアドバイスもあって
ベルリンのおすすめスポットを聞いてみました。
この方も親切で、丁寧に教えてくれました。いい人たちと出会えてラッキーでした。

…にしても、カフェ主は何故あんなに日本語が上手なのか。
一体何者だったのでしょう(笑) 
ベルリンカフェでの不思議な出会い。
こうした偶然の出会いも、旅の思い出になりました♪
[PR]
by twilight-newmoon | 2011-06-17 10:42 | German
ベルリンではイーストセブンホステルに宿泊しました。
オレンジのファザードがまぶしいっ(**)
a0130534_1710573.jpg


ベルリンには心ひかれるホテルがいっぱいあって、すごく悩んだのですが
メールで質問した所、とても丁寧な対応で好感をもちました(^^)
信頼がおける感じがして、それが決め手になりました。
そうそうメールを返信してくれたAnnさんが、「私があなたにメールしたのよ♪」と声をかけてくれて。
ちゃんと私のことを覚えていてくれて嬉しかったなぁ

Double room
シンプルで、心地よいお部屋です。 ここに帰ってくるとなんだかほっとしました 。
こんな部屋で暮らしてみたい~♡と思うような、そんな空間。
a0130534_2135257.jpg


ホテルの部屋ってどこか無機質な印象がありますが、こちらは床が木目調で
部屋全体に温かみを感じます。
椅子もカワイイ035.gif 
a0130534_2141533.jpg


ホステルはPrenzlauerBergという高級エリアにあり、東京で言えば青山・中目黒にあたる
場所のようです。落ち着いた雰囲気で気に入りました。
a0130534_2145487.jpg


2005年に出来た新しいユースで、館内も明るいトーンでキレイ☆
ミュンヘンのユースと違って、階段もミシミシしない!! (笑)
踊り場で小さな男の子たちが遊んでて、微笑ましかったです
a0130534_2181932.jpg


あいにくの天気だったため、テラスが使えませんでしたが
天気がいい日は外でご飯を食べたら気持ち良さそう♪
a0130534_218397.jpg

学生から子ども連れのファミリーまで、幅広い客層だったのが印象的でした。
共同キッチン・インターネット・リビングルームもあって、使い勝手も良かったですし、
清潔だったし、女子的にはポイントが高いです!

余談となりますが、フロントには"For Japan"と書かれた募金箱が置いてありました。
気持ちが嬉しくて「日本のためにありがとう」と伝えました
ベルリンでも多くの人々が心配してくれて、心がほっこり温まりました(*´∇`*)
[PR]
by twilight-newmoon | 2011-06-13 07:23 | German
ペルガモン博物館をあとにして、新博物館へ移動070.gif
第二次世界大戦により破損が激しくしばらく閉鎖されていましたが、
2009年に70年ぶりにオープンしました。

ここには私が会いたかった人がいました。

ネフェルティティの胸像
紀元前14世紀の古代エジプトのファラオ・アメンホテプ4世の正妃でした。
ネフェルティティとは「やってきた美しい人」という意味であることから、
異国から嫁いで来た王女だったのでしょう。
現在はエジプトからベルリンへ嫁いできました。今日ではベルリン一の美女と言われています。
a0130534_828575.jpg


凛とした美しさに思わずはっと息を飲みます。
なにより瞳が印象的で、あたかも命が宿っているかのようでした!
なぜか片目にしか入っておらず、未完成のままです。
それがまたミステリアスで、余計に人を惹きつけるのかもしれません。
a0130534_8284544.jpg

↑残念ながらネフェルティティの胸像は撮影禁止のため、借りてきた写真ですが
あそこで見た光景は一生忘れないと思います(*´∇`*)


他にも古代エジプトを中心としたコレクションがいっぱい☆
a0130534_21594421.jpg



解説がドイツ語しかなくてよく解らなかったけど、妙に気になった壁画。
私には王様と家臣がジャンケンしているように見えました( ´,_ゝ`)
a0130534_10121839.jpg


古代の兵隊さんたち
紀元前の遺物が時を経て、こうして目の前にあるんだと思うと感慨深いです
a0130534_10122824.jpg


この写真はどこで撮ったのか判別がつかないのですが…(汗)
なんせ新博物館だけでも約9,000点の収蔵品が展示されており、
見て回っているだけでだんだん意識が遠のいていきます。
a0130534_1012168.jpg

博物館島全体だと、一体どれだけの収蔵品があるのか想像もつきません(・_・;
ここはまさに宝島!?

そもそもベルリンへやって来たのは、
イシュタル門とネフェルティティの胸像を自分の目で見てみたかったから!
長年の夢が叶い充実の一日でした。


これにて博物館島レポは終りです
歴女なもので、こういうネタになると一気にテンションが上がってしまいます
でもいざ冷静になると、なんだか恥ずかしい~っ(>0<)
失礼いたしました
[PR]
by twilight-newmoon | 2011-06-09 22:49 | German
ペルガモン博物館のつづきです♪

ミレトス市場門
古代都市ミレトスにあった門を、復元したそうです。
これだけの立派な門。きっと栄えた市場だったんだろうな~ 
a0130534_19583572.jpg

当時の様子を思い浮かべながら、門をくぐってみると・・・

目の前に現れたのはイシュタル門
あのバベルの塔で有名な古代都市バビロニアの門です!
紀元前6世紀に建設されたもので、青いレンガの壁に想像上の動物が描かれています。
この門を前にすると、誰もが目を奪われてしまいます。
a0130534_19585695.jpg


戦いの女神イシュタルを守る、聖なるライオンの行進
黄色と青のコントラストが印象的でした。
a0130534_19591392.jpg

 
歩くライオンは浮彫りで描かれ、かなりリアルです。 今にも動き出しそう!
a0130534_19593595.jpg


青色の釉薬(うわぐすり)が施されたレンガ
すいこまれそうなほど美しいブルー! ひとつひとつ色合いが微妙に違う。
これが数千年前に作られたなんて、信じられないくらい色鮮やかです。
a0130534_200578.jpg



青の門から神殿をつなぐ通路だった行列通り
ライオンたちが、こちらに向かって歩いて来るみたい!!
a0130534_195636100.jpg

1/3サイズで再現していますが、当時の通りの幅は20m以上あったらしいです。
長さにいたっては180mもあり、120体のライオンが描かれていたとか。
古都バビロニアの繁栄が目に浮かぶよう(*´∇`*)

縮尺しているとは言え、超ダイナミックな空間で臨場感がスゴかった(><)
博物館の中にこれだけ巨大な建造物を再現してしちゃうなんて、スケールが大きい!!
まるで私自身まで、古代人になったかのようなひと時でした♪
[PR]
by twilight-newmoon | 2011-06-08 07:53 | German
カフェを後にして向かった先は博物館島です。
5つの博物館と美術館があり、博物館島と呼ばれるようになりました。

チケット売り場に向かった所、すでに長い列が出来ていました。
イタリア人やスペイン人はあきれる位よくしゃべるせいなのか、全然前に進まない(涙)
a0130534_22392896.jpg

苦労の末チケットをゲットし、さっそくあの有名なペルガモン博物館へ070.gif
a0130534_1853073.jpg


足をふみいれると、目の前に巨大なゼウスの祭壇 が現れました!!
大きさにド肝をぬかれます!
これでも1/3のサイズだと言うからスゴイですね。
a0130534_23113789.jpg



当時、大階段を歩けたのは王様とか権力者に限られたんだろうけど、
今では誰でも登ってよし!座ってよし!寝てもよし!(←さすがにそれはダメか)
王様もこんな風に見下ろしていたのかな~なんて想像してみたり
a0130534_23133924.jpg



モザイクの精巧さといったら、もうスゴイのなんの!
a0130534_23142491.jpg


アップしてみるとこんな感じ↓ ありえない程の細かさ!\(◎0◎)/
a0130534_23152219.jpg


現代ドイツと古代ギリシャが交錯する。 
a0130534_23154649.jpg

古代の旅はつづきます。
[PR]
by twilight-newmoon | 2011-06-03 23:17 | German
ベルリンでもカフェ巡り063.gif
歴史博物館に併設されているカフェに入ってみました
カフェだけなら、入場料はかからないのが嬉しい(^^)

最初に目を奪われたのが、藍色のような深いブルー!蒼カフェ~!
歴史博物館の中にあるとは思えないくらい、モダンな空間でした。
a0130534_84137100.jpg

朝ごはんには遅いし、昼ごはんにしては早すぎる半端な時間だからか、
ラッキーにも貸切です♪ 


ハムとチーズの盛り合わせ
パンもたっぷりついて、朝食メニューとは思えないほど超ボリューミー!
a0130534_8415518.jpg


お日さまが気持ちよくて、しばらく読書をしながらまったり(*´∇`*)
なんだか時間がたつのを忘れてしまいそう。
a0130534_8422916.jpg


お腹はいっぱいだけど、デザートもいっちゃいました♪
ダークチェリーのタルト035.gif
a0130534_8421252.jpg

写真だと分かりませんが、目を疑うほどのLLサイズ\(◎0◎)/
でも思いのほか素朴な甘さで、案外パクパク食べれちゃいます049.gif


こちらのカフェは世界遺産の博物館島から、ほど近い場所にあります。
橋をわたって左側がもう世界遺産↓ 観光に疲れたら足休めしてもいいかも 
a0130534_844125.jpg

なによりも印象に残っているのはあのブルー
素敵なカフェでした(^^)
[PR]
by twilight-newmoon | 2011-05-29 23:31 | German