スイーツ大好き銀座OLです☆カフェ巡りに忙しいこの頃です。日々の小さな幸せを綴っています♪


by chibimari

カテゴリ:演劇( 12 )

気が付いたら、ずいぶん時間がたってしまいましたが…
6月末ごろ、MITSUKOの観劇に行ってきました。
主演は安蘭けいさん016.gif
a0130534_2281158.jpg


主人公は、日本で初めて(法的に)国際結婚をしたと言われるクーデンホーフ光子
オーストリア帝国の貴族・クーデンホーフ伯爵と結婚し、伯爵夫人となりました。
a0130534_1513854.jpg

時は1892年
当時18歳だった骨董屋の娘・青山光子は、駐日大使として来日していたクーデンホーフ伯爵と
出会い惹かれあっていきます。


現代だったらシンデレラストーリーになる所ですが、昔ではそうは行かず
2人の結婚には、さまざまな弊害がありました・・・

波乱万丈の人生・・・
[PR]
by twilight-newmoon | 2011-08-02 08:21 | 演劇
眠狂四郎無頼控を観てきました
ガクトファンの母の付き添いですが、初生ガクトにドキドキです053.gif
a0130534_2229169.jpg


ガクトさんと言えば数々の伝説がありますが。有名なエピソードはこれです。
インタビューで「10年後はどうなっていると思いますか」と聞かれ
こう答えたそうです
「眩しくて...見えない...」
か・かっこいい~ガクト様にしか言えないわ

舞台の方もガクト様ワールドでした♪
そこに立ってるだけでカッコイイです016.gif
立ち回りもよかったですし、私としても楽しめました
観客はファンクラブの方が多いようで、エンディングでは会場が熱かったです


男性に対してこんな事言うのも変ですが、肌が超きれい
白くてツルツルでまるで陶器みたいなお肌!一体どんなスキンケアしてるのだろうか
そう言えばガクトさんっておいくつだったかな…


あと胸板がすごかった!鍛えてらっしゃるんだなぁ
そう言えば、K-1のマサトさんも観に来てました
筋トレ仲間?と思ったり。

色んな意味で謎に包まれたお方です
[PR]
by twilight-newmoon | 2011-02-20 22:50 | 演劇
星組を追っかけて、名古屋へ行ってきました
4日間の船旅での恋物語愛するには短すぎるです。
初演は元星組トップ湖月わたるさんのサヨナラ公演だったのですが
この度原案を書いた小林氏が昨年亡くなったことをうけ、5年ぶりに再演が決まりました。

STORY⇒
フレッドはイギリス留学を終え、友人のアンソニーと帰国の途にあった。
帰ったら養父の事業を継ぎ、美しい婚約者が待っている。
約束された未来に不満はないが、どこか釈然といかないものがあった。
そんな中、偶然船内で幼馴染のバーバラと再会し、恋に落ちる2人。
養父の期待に応えたいという想いと、バーバラへの想いとの板挟みに
でも結局はフレッドとバーバラは、自分たちの意思で別々の道を歩む決心をする…
というヅカにしては珍しい悲恋もの。

たった4日なんて本当短すぎる~!
短いと言えば、かなめさん!
この公演を最後に宙組へ組替え…
星組に異動してきて2年。短すぎるよ~。゚(゚´Д`゚)゚。
かなめさんとのコンビは最高だったのに(ビジュアル的にもパーフェクト)
宙組への栄転なわけだし、喜んで送ってあげねば…
そうは思っても2人の相性が良かっただけに、本当に惜しい! 


中でもチエさんの演技がキラリと光っていました。
孤児院出身で養父に育てられたという、複雑な背景をもつフレッド。
チエさんが演じると本当に根がまっすぐで、相手の事を想いやりすぎてしまうんだなぁと納得できる
難しい役だけど、フレッドの心情を見事に演じきっていました。
a0130534_1558426.jpg

一番好きな所はアンフェア~♪のデュオところ♡ 2人とも息がぴったり!

2人がこの公演を心から楽しんでいるのが伝わってきて、
仲良しだったカナメさんがいなくなって、一番寂しいのはチエさんかもしれない…という気もした。

「君が幸せなら僕も幸せ」という台詞はまるでかなめさんに向けた
メッセージのように思えたのは私だけでしょうか。



それにしても名古屋の花粉ぱねぇ!!!
着いて早々、クシャミが止まらなくなりました...
でも大切な公演中にクシャミをするわけにもいかず、薬と根性でなんとか抑えられましたが
かなり危なかった~
[PR]
by twilight-newmoon | 2011-02-11 23:07 | 演劇
ミュージカルエディットピアフを観てきました
主演ピアフを演じるのは、宝塚元トップスター安蘭けいさんです!!
a0130534_21102384.jpg


エディット・ピアフ
フランスを代表するシャンソン歌手。恋人を飛行機事故で亡くし、モルヒネ中毒に…
波乱万丈な人生を送った。
a0130534_1126231.jpg


安蘭さんの力強く美しい歌声…
ほぼ3時間歌いっぱなしで、ミュージカルというよりコンサートな勢いですけど
宝塚で培ったガッツで、最後まで力強い歌声でした
本当に素晴らしかった!!038.gif
a0130534_1125070.jpg

退団後の様子がずっと気になっていましたが、さすがは安蘭さん!
ハスキーな歌声に聞き惚れてしまいました♪

感想はこちら☆
[PR]
by twilight-newmoon | 2011-01-23 23:44 | 演劇
とっっても楽しみにしていたロミジュリ
これを観るためだけに、1泊2日の弾丸ツアーで博多へ飛んでいきました!

音楽がロックな感じで、すごく良かった!!
現代的でパワフルな星組にぴったり☆
衣装が赤と青にはっきり別れてて、分かりやすい♪


なによりチエさんがキラキラしていて、まぶしかった~053.gif
ショーブランのイメージが強いせいか、ワイルドな印象だったのに
完璧な白馬の王子様だった(♡▽♡)この短期間で一体なにがあったの~!?
それにまた歌がうまくなった!
不安定な少年の心と、ジュリエットを恋慕う純粋な気持ちが伝わってきて…
トップとして貫禄が出てきたと思いました。


ねねちゃんは、この日比較的歌が安定していてほっとした
でもジュリエットに関しては、この際歌は気にしない
だってビジュアルが完璧なの。
よく考えたら、バルコニーで真夜中に一人ロミオにときめいてたらただのイタイ女…
になりかねないけど、ねねちゃんだとこっちまで胸キュン♡
ねねちゃんは舞台の華!そこに居るだけで意味があると思うの


ちえさん&ねねちゃんだからこそ、出来た舞台だったと思います
2人の強い絆を感じました
a0130534_16333075.jpg


ちえさんに惚れ直してしまいました053.gif
これからも星組についていくわ~

ロミオとジュリエットのストーリーは…
[PR]
by twilight-newmoon | 2010-08-25 19:10 | 演劇
汐留の四季劇場<海>にてアイーダを観てきました
前評判もよく、友達からウィキッドを超える!と聞いていたので期待が高まります
前から3列目の席ということもあって、観る前からドキドキ♡

キャスト
アイーダ: 濱田めぐみ
ラダメス: 阿久津陽一郎

正直言って想像を超える感動でした!!未だに興奮中です
前から3列目だけあって、役者さんの細かい表情、息づかいまで聞こえてきました。
舞台上の熱気がすごかった~脇の役者さんからも、情熱が伝わってきました

エジプトの捕虜となった王女アイーダと敵将ラダメス。
最初は嫌いだったのに、いつの間にか惹かれあうようになった。
でもどれだけ愛し合っていても、立場がちがいすぎる2人。
アイーダとラダメスのけっして結ばれることはない愛。
やっと真実の愛を見つけたのに、時代に引き裂かれてしまうなんて・・・せつない(´_`。)
a0130534_1145204.jpg

濱田さんと阿久津さんの声はすごく相性がよかったです
2人のハーモニーがとけあって、聞いてて気持ちがいい☆

阿久津さんとは初めましてだったのですが、若々しくてラダメスにぴったり♡
阿久津さんだと役の設定にも説得力がある!
真っ直ぐな気性ゆえに、誤ちをおかしてしまったけど・・・
でもそれは純粋で不器用な人だから仕方がないことだったんだ!と納得できてしまう
愛する人のために、すべてを投げ出します
アイーダでなくても女子ならみんな惚れてしまうハズ

また濱田さんの声が秀逸。繊細でいて力強く、聞き惚れてしまいます。
王女として民の信頼に応えなくてはならないプレッシャー
民とラダメスとの愛に板挟みになって苦しむアイーダ・・・
まさにアイーダは濱田さんそのもののように思えました
濱田さん自身、久々のアイーダ役に感極まった様子で途中で涙がみられました。

最後は拍手の嵐!劇場は感動の嵐でした。
カーテンコールはいつまでもやむことがなく、最後はスタンディングオベーション!!!
もう一度観たいと思わせる作品です。
[PR]
by twilight-newmoon | 2010-02-23 23:00 | 演劇
劇団四季のコーラスラインを観てきました!
当日は満席で、かなり人気があるようです。

感想・・・う~ん正直微妙だった。
ストーリーは極めてシンプルです。
ダンサーの登竜門・コーラスラインのオーディションにのぞむダンサーたちのお話。

休憩なしで2時間半はキツイ…
観てて疲れてきちゃって。隣の人は力尽きて寝てました(笑)
役者さんはもっとキツイだろうけど。

根本的にオール日本人は無理がある。どうしてもコーラスラインの雰囲気が出ない。
しかも四季って自由劇場は若手が少ない傾向があって。
ちょっと若さが足りなかったかな。

劇団四季もレベルが高いので当然競争が激しいと思います。
裏ではコーラスラインさながらの苦労と葛藤があるんだろうなぁ。
役者とは大変な職業ですね・・・としみじみ思ってしましました。

2F席の1列目だったのですが、自由劇場は小さいので舞台がかなりよく見えました。
[PR]
by twilight-newmoon | 2009-10-18 21:46 | 演劇

三輪様降臨☆ 

美輪明宏音楽会《愛》へ行ってきました♪
劇場へ一歩踏み入れると、そこは摩訶不思議な世界感(笑)
さすがは美輪様
a0130534_23385495.jpg

とにかくスゴかった。感嘆のため息。
特にヨイトマケの曲は心に響きました。CDで聴くのと迫力が違います。
母親の頑張る姿が浮かんできて涙が出てきた(´_`。)グスン

美輪さんのコンサートは歌というより、演劇でも観ているような感覚です。
歌の背景など、自分なりに深く分析されているんだなぁ

美輪様から神々しいオーラが放たれていました。
やっぱり常人ではありません(汗)

私はお世辞にも信心深いとは言えない。はっきりいって無宗教。
スピリチュアルとかって本当かなぁ(--)と思ってるタイプだったけど
美輪さんを前にすると、本当に神様っているのかもしれない
って自然に思ってしまう。

何より人としても尊敬。いえ、尊敬という言葉などでは足りないくらい。
さまざまな分野に精通していて、勤勉な姿勢には関心してしまう。
思慮深く、慈愛にあふれていて。まさに如来のよう。

とっても癒されたし、自分を見つめ直すきっかけにもなった気がする
歌や芸術には無限の可能性があるんですね。
一晩にして心が豊かになった気がします。
[PR]
by twilight-newmoon | 2009-09-18 23:27 | 演劇
新トップ柚木さんひきいる新生星組を観てきました。
お披露目はヨン様ドラマで有名な太王四神記!!
韓流ドラマということで、私についていけるのか不安でした。

が、予想に反してすっごく楽しい♪♪

柚木さんとっても輝いてました
前トップの安蘭さん時代はちょっと大人な雰囲気だったけど
新生星組熱いです…若いな~って感じ。

星組全体で盛り上げようとしてるのが伝わってきました。
ショーがすごく楽しかったのですが、ちょい悪風でエネルギッシュ☆
元気パワーを分けていただきました。

a0130534_23522259.jpg


宝塚って行ったことない人には、若干敷居が高くとられがち(って言うか倦厭されがち)
でも太王四神記は初心者にも入りやすい気がする。
なにより舞台がキラキラしてて、すてきなひと時を過ごせました♡
[PR]
by twilight-newmoon | 2009-09-03 23:43 | 演劇

さよならウィキッド

もうすぐ東京公演は千秋楽を迎えるウィキッド
最後に見納めに観にいってきました

8/20キャスト
エルファバ        江畑 晶慧
グリンダ          沼尾 みゆき
フィエロ          北澤 祐輔
ネッサローズ       山本 貴永
マダムモリブル      八重沢 真美
オズの魔法使い     飯野 おさみ


a0130534_23195092.jpg

エルファバ→ 江畑さん
緑色の肌に生まれたことで差別を受け、親にも愛されず疎まれてきた。
エルファバの孤独をどんなふうに表現するのかが見せどころ。
とても不器用で口ベタなタイプなので、演ずるのは難しい役だと思います。
濱田さんと比べると、かなり激しかった~
ハスキーヴォイスで体格もよいしね。声量がすごくて、耳にビンビンきます。
熱いエルファバ。好みが分かれるかも。

グインダ→ 沼尾さん
かわいくて誰からも愛され、また皆から愛されることを望んでいるグリンダ。
でも彼女も親友・エルファバのことで心を痛めている…そんな苦しみが見え隠れする。
前回よりかなりクセがなくなっていました。前はもっと演技がかってブリブリだったから(笑)
それにしても沼尾さんは感動的なまでに細い!
キュートなドレスをこんなにかわいく着こなせる人は他にいないと思う。

今年の1月にも観たのですが、同じウィキッドでも印象がまったくちがう。
役者も舞台を通して、成長し変化していくものなんですね。
何回か観てると、あの人うまくなったな~とか演じ方変わったな~とか新しい発見がある。
また演じ手が変われば解釈も異なるし、持ち味や表現も十人十色!

しかし、これまで以上にチケットを入手するのが大変だった!!
先行販売でかなり前に購入をこころみたものの、ずっと電話がつながらないし。
電話がつながった頃には、平日の席がやっと。
でも最後くらいは良い席で観たい!!!
前から9列目のど真ん中の席をGet☆よく見えました♪

千秋楽を目前にしていることもあり、観客もあつかった!
カーテンコールがすごい!やむことない拍手038.gif
みんなウィキッドのリピーターなんだろうな。

また東京で再演される日を願って…。゚(゚´Д`゚)゚。
[PR]
by twilight-newmoon | 2009-08-27 23:52 | 演劇